love walker ロゴ

  • Twitterアイコン

クラフトビールの楽しさを体験できるツーリズム「横浜ビアバイク」が新たな醸造所を巡る新ツアーをスタート!

2023年01月05日 18時30分更新

 クラフトビールの醸造所が日本一集積しているという横浜で2021年よりスタートした「横浜ビアバイク」は、2023年に新たなブルワリー(醸造所)も巡る新ツアーをスタートする。

 ビアバイクとは、オランダ発祥の移動式ビアカウンター。ビールを飲みながら複数の人数がペダルを漕ぐことを動力として走る乗り物だ。運転手はハンドルとブレーキを操作するのみで、エンジンは無い。横浜ビアバイクは6人乗りでガイドと、後部座席に生演奏の演者が別に乗車している。

 今回新たなツアーとして、「里武士 馬車道」のブルワリーレストランも巡るツアーをスタート。ツアーの詳細はこちら

 夏の時期には3ヵ月前に完売するほど人気のビアバイク。ツアーでは、横浜のクラフトビールを7〜8種類楽しむことができ、さらにはビール醸造所を間近に体験できる。醸造所見学でもレストランツアーでも、ビールを造っているタンクを間近に感じることができ、見学ツアーでは造り手の話も聞けるので、クラフトビールの知識も得られる。

 ビアバイクは、クラフトビールの楽しさを体験してもらうツーリズムの一環として実施されている。今後も横浜のクラフトビールを楽しむ機会を増やし、「横浜にクラフトビールを飲みに行こう!」と言われるよう、ワクワクする街づくりの活動を行なっていくという。

 全コースの詳細はこちら

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。 またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

横浜LOVE WALKERの最新情報を購読しよう